1週間で素肌美~UVケア♡

肌老化の原因「光老化」が約8割を占めていて、加齢によっての自然老化は2割しかないと言われているそうです。
その、「光老化」とは…そう、紫外線が原因。
若いから、今は大丈夫と思っていても紫外線のダメージは日々蓄積されていき10年後、20年後のあなたの肌に「肌老化」として、急に現れます!!
なので、若いからと油断しないtで1歳でも若いうちから日焼け対策をおすすめします。

紫外線の種類
紫外線には「UV-V」…肌の真皮層にまで到達して、のちのちの大きな深いシワの原因に繋がります。
「UV-B」…エネルギーが強いため、サンバーン(赤くなってヒリヒリする日焼け)をs起こします。

日焼け止めの選び方
SPF…紫外線B派をカットする力。なにも塗ってない状態で赤く日焼けするまでの時間を何倍伸ばせるか目安。
PA…紫外線A波をカットする力。「+」の数でカットの力を現してる。

紫外線吸収剤フリー
日焼け止めといってもどのように日焼けを防いでくれてるかを、理解する必要があります。
紫外線吸収剤は紫外線を吸収する化学物質のこと。紫外線を吸収して肌の上で化学反応を起こして、紫外線の影響を和らげてくれますが、肌にとって刺激になります。
なので、選ぶときは紫外線散乱剤のものを。

クリームタイプまたは乳液タイプ
べたつきや白浮きを嫌う人が多いと思いますが、紫外線散乱剤のものは、クリーム・乳液タイプのものがほとんどです。
手軽に使える、ローションタイプやスプレータイプはほとんど紫外線吸収剤で作られています。

日焼け止めの量
日焼け止めの塗る量が少ないと、せっかくSPFやPAが高いものを買っても日焼け止めの効力は下がります。
なので、使用量を目安にしっかり塗るようにしてくださいね♪

お顔の日焼け止め
パウダーファンデーションが、紫外線散乱剤と似た働きをしてくれます。
なので、日焼け止め下地を塗った後に、パウダーファンデーションを重ねて。