1週間で素肌美~クレンジング

「どうして、クレンジングをしないといけないの?」
「メイクが落ちれば、使うものはなんでもいい。」
なんてことは、思っていないですよね?

クレンジングは油性のメイクを落とすもの。
油性のものは、油性でないと落ちません。
なので、メイクをした日は洗顔だけじゃ足りないんです。

ドラッグストアでは、様々なメイク落としの手段が売ってますがちゃんと、お肌のことを考えて選んでいますか?
オイルタイプ、クリームタイプ、ジェルタイプ、ミルクタイプ、シートタイプとありますが、テクスチャーが違うだけではないんです。
これらは、油分と界面活性剤、水分などの配合が違います。
形状によって肌の刺激と、メイクの落ち具合も変わってきます。

「するっと落ちる」「すすぎスピーディー」と言われるオイルタイプは、界面活性剤が多く含まれている場合が多いので、肌の負担も大きくなります。
ミルクタイプは、水分が多いためメイクとなじみずらくこすりすぎてしまい、肌摩擦が起きやすいです。
シートタイプは界面活性剤の力だけで落とすので、肌に負担をかけているだけでなく、シートでこするという摩擦も肌にはダメージです。
1番おすすめなのは、クリームタイプです。
適度な油分と弾力のあるテクスチャーは肌摩擦も少なくすみます

そもそも界面活性剤って何?
油性のものを水だけで落とそうとすると、はじいてしまいます。
それを、界面活性剤で水と油分をまぜ、肌から落ちやすくするもの。

クレンジングの仕方

◎クレンジングの使用量を守ってね。
少なすぎたら、肌に摩擦がかかり。
多すぎたら、洗い流すのに擦りすぎたり。

ポイントメイクをしっかりした日は、先にコットンでポイントメイクを落としましょ。
コットンでも擦らないように落としたら、
Tゾーン。皮膚の強いところから順になじませていく
Uゾーンは優しく、力をかけずに。クレンジング材の上を指を滑らせていくイメージで。
目元、口元は擦りすぎたらシワ、くすみの原因になるから、優しく!!
すすぎは、ぬるま湯で優しく!シャワーでジャバジャバは、たるみの原因にもつながるから注意してね。

クレンジングは、あくまでもクレンジング。
マッサージしながら…よりも、クレンジングはクレンジング。マッサージはマッサージとしっかり分けましょう。

まとめ

1、メイクはクリームくらいの油分で落ちる

2、ごしごし擦らない

3、クレンジングに時間をかけすぎない

4、ぬるま湯ですすぐ